>

費用はどこでどれくらい使われる

お店を出すまでにかかる費用

メインページで安全に飲食店を開くならば1000万円ほど必要と記述しましたが、どうしてそれほど必要なのか。その内訳を紐解きます。
初期費用は大きく3つの要素に分かれています。そのうちお店の準備段階で必要なのは、内装や厨房機器、食器やその他の消耗品などお店の運営に必要なものを買い揃える設備資金と、もう1つは土地を確保するための不動産取得費になります。保証金や礼金、月に家賃などが発生する場合もこの不動産取得費に含まれます。
それぞれ、おおまかに設備資金で200万円、不動産取得費で300万円ほどを見ておくと良いでしょう。
しかし立地やお店の内装やコンセプトなどによってかかる費用は大いに変動するので、一概的なことは言えないので注意が必要です。特に不動産取得費は事前に相場を確認しておくといいかもしれません。

開業してから必要なお金

では実際に飲食店を立ち上げ、運営し始めてからはどうでしょうか。
想像してみてください。例えば都内の一角でひっそりと店開きをしたとして、オープン初日からお店は大繁盛。閉店まで客足が途絶えることはなく、初月から売上は鰻登りに。
さて、そんなことが本当に起こり得るでしょうか。一部例外は確かにあるかもしれませんが、ほとんどのお店がオープンから数カ月は客足が安定せず、それに伴って売上も不安定になることのほうが容易に想像できることでしょう。
お店が軌道に乗るまでの数カ月を乗り切るための費用や、自分自身が生活するための生活費が必要になってくるわけです。それが、初期費用の3つ目の要素、運転資金です。
ここまで首が回りきれず廃業せざるを得ないお店も多いので、2,3カ月分の蓄えとして、少なくとも200万円ほどは用意しておきたいところです。


この記事をシェアする