飲食店を開業するのに必要なお金はどのくらい必要?

開業するのに費用はどれくらい必要なのか

飲食店を開くのにどれくらいの費用が必要なのか

最近はよく、少ない資金で開業ができるなんて話をよく聞きますよね。しかしその話は本当なんでしょうか。どうしても不安が残りますよね。 その気になれば少ない元手でも開業自体はできます。しかしそこにはデメリットも存在するのです。 少額資金ではじめる飲食店の思わぬ落とし穴についてみていきましょう。

費用はどこでどれくらい使われる

初期費用といいますが、一体飲食店を開業するためにどういった用意が必要で、それぞれどれくらいの費用がかかるのでしょうか。 内装に機材、土地を確保するのにもお金はかかります。飲食店をはじめるにあたって必要な準備があります。 気になる内訳を解説していきます。

お金はどこからかき集める

少額の資金で足りないなら、大きなお金はどこから持ってくればいいのか。 お店を開くほどのお金なんて働いて稼ぐのには限界がありますよね。ではどうやってお金を作るのか。借りるとしたらどこから借りるのがいいのでしょうか。 知っておくときっと役に立つ方法を伝授します。

少額で開業できるは罠

飲食店を開くとしたら、そのためのお金はどれくらい必要になってくるのでしょうか。
少額で始められるなんて話もちらほら聞きますが、実際はどうなっているでしょうか。少額で仮に始めたとしても、開業してからの運転資金が足りずに廃業なんてよくある話だと聞くことがあります。では、飲食店を立ち上げようとするならどれくらいの費用が必要になるのでしょうか。
例えば都内で飲食店を立ち上げるならば、まずは土地を確保する必要があります。土地を押さえて、建物を立てるか元あるものをリニューアルして使うかすればその分のお金もかかってきます。
さらに言えば内装も整える必要があり、調理に必要な設備も大いにお金がかかります。人を雇うなら人件費も視野に入れなければなりません。
そこに開業後の運転資金などを考慮するならば、少額な資金ではどう考えても足りるわけがないのは想像に難くないはずです。
融資も審査を受けるときに、不動産を持っていることを証明する契約書が必要だったりするので、少なくとも土地を押さえる時点でまとまったお金が必要になってくるのです。
では実際にどれくらい必要なのか。土地を押さえて建物を立て、内装や設備などの環境も整えてその後の運転資金と考えると、安全に開業したいと思えば1000万円が必要になると言われています。
その細かい内訳については、後述の各章で詳しい解説のページを設けていますので、ぜひそちらも参照してみてください。